うかびでる

全て 動詞
17 の例文 (0.00 秒)
  • ホステス一人一人の顔のうしろに、それぞれ何人かの客の顔のイメージがうかびでては消えていった。 ...
  • 土の上にうかびでている根のいちばんひくいところで、ちょうどりゅうの胸の高さほどあります。 ...
  • 代りにそこには、同心円がうかびでており、中心には黒い小さな円盤があった。 ...
  • 薄いヴェールをへだてたようにぼんやりと支店長代理の姿がそこにうかびでた。 ...
  • しかし、いずれにしてもそれらのひそかな表情は、彼の外見にまでは、あらわにうかびでてはこなかった。 ...
  • この時点では、眼を奪う模様のほんの一部が日ざしのなかにうかびでているにすぎないが、ヤペタスの異常な変光の理由はこれで明らかだった。 ...
  • この八つの珠には、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌と、一字ずつうかびでていた。 ...
  • すると、ぼんやりした月光のなかに、見慣れた海岸線がうかびでることがよくあり、そんなときにはボーマンの内をぞくぞくするような興奮がかけぬける。 ...
  • 午前二時という時間なのに、記者やカメラマンの一団が、光のなかにうかびでたオリオン3型宇宙機へむかう彼の行手をさえぎった。 ...
  • 溺死体《できし たい》が波の下でゆらゆらと動いたり、海面にうかびでたり、陸地にうちあがったりする。 ...
  • ベンジャコミンの邪悪な形相はうかびでたとたん柔和な顔に溶けこみ、彼は平静にかえった。 ...
  • 尊師そんし、グルガーン参上さんじょういたしました」 「ほかの六名は、ともないきたであろうな」 「おおせのごとく、すべて尊師の御前にひかえておりまする」 闇のなかに、闇の色の長衣をまとった男たちの輪郭りんかくがうかびでてきた。 ...
  • 鮭の親の鱗の肌には、美しい鱒科の魚特有の紫紺斑点が消え失せているが、鮭の子の肌には青銀色の鱗に微かに小判形の斑点がうかびでて、鮮麗の彩、まことにかがやかしい。 ...
  • 番作の姿がうかびでた。
  • ともかく、心理の足跡が、うかびでてきた。 ...
  • かつきさうぞくやさかたの もりのあたりをうかびでて、 いまはたのべをすべりくる すあしのまへに、はなあかし。 ...