いんうん

全て 名詞
11 の例文 (0.00 秒)
  • 斜日、陰雲の中に入りたるが、雲をそむるほどには沈まず。 ...
  • するとあたり一面に陰雲がたれこめ、黒霧が天をおおった。 ...
  • 従って過渡時代に免れえない混乱がつづき、二十五年も暮れようとして政界は依然として陰雲におおわれていた。 ...
  • 陰雲は四合し、黒霧は天にはびこる。 ...
  • 氤〓《いんうん》たる紫霧しむ天にのぼっておこり、閃爍せんしやくたる紅霞こうか地を貫いてきたる。 ...
  • 第一歌 東、青玉のえんなる彩、澄たる空のおもてより第一天に拡ごりて、心眼共に傷ましき陰雲の気ぬけでたるわが眺こそよろこびしか。 ...
  • 雨は止みたるが、陰雲漠々、九十九里の濱は見えざりき。 ...
  • 諸将が勇をふるい気をみなぎらせ、四方に駆けまわって奮戦しているおりしも、にわかに陰雲がたちふさがり、黒霧が天をさえぎって、白昼はさながら夜となり、東西南北のけじめもつかなくなってしまった。 ...
  • すべて万物は|氤〓《いんうん》醇化じゆんくわのはたらきによつて出来るので、|〓うんじやうさるることによつてかびが生え黴菌ばいきんが生ずるやうなものである。 ...
  • かくて史文恭が逃げて行くと、陰雲が冉々ぜんぜんと垂れこめ、冷気が〓しゆうしゆうと身にしみ、黒霧が漫々とはびこり、狂風が颯々さつさつと吹きすさび、虚空になにものかが居て行くてをはばんでいるのであった。 ...