いよいよ最期

24 の例文 (0.00 秒)
  • そしてこの仕事を終えたときに、彼はいよいよ最期が迫ったことを感じました。 ...
  • 彼は、いよいよ最期の日が近づいたのだと思った。 ...
  • いよいよ最期の時がきたことを知った。 ...
  • 征人は顔を上げ、少女と視線を絡ませて、いよいよ最期が近づいたことを確認しあった。 ...
  • 頂上にある本陣ではいよいよ最期が近づいたことを知った。 ...
  • いよいよ最期が迫ったことを知ったボエトンは、声をふりしぼって群衆に向かって叫んだ。 ...
  • いよいよ最期のとどめを刺すように信綱が腰を動かしかけたとき、三人の体の間から低い笑い声がいた。 ...
  • きのうの朝父は、かねて保存してあったアフガン戦争従軍時代の古い軍服を出して着ていましたが、それを見て僕はいよいよ最期がきたことを知りました。 ...
  • 今や彼は、自分がただ一人取り残されてしまったこと、自分が失敗したこと、いよいよ最期だということ、そして、今までの苦労がすべてむだであったということを知ったのである。 ...
  • でも、いよいよ最期が近づいたのだよ。 ...
  • いよいよ最期の時が来た。 ...
  • わたしがかたわらに飛び降りたときの物音で、女はわたしを巨竜だと思い込み、いよいよ最期の時がきたと覚悟したにちがいない。 ...
  • 「おえん、いよいよ最期がきたぞ」 いいながら市五郎は彼女の様子をうかがった。 ...
  • いよいよ最期だと思った。 ...
  • ディヴィッドは、巨大な波が船尾の上にそそり立つのを見て、アモズ号もいよいよ最期だと観念した。 ...
  • ほどなく劉邦が送った追跡部隊に包囲され、いよいよ最期の時が訪れたことを知った項羽は漢兵の群れに身を投じ、自らの武を示せるだけ示した後に自刃した。 ...
  • 艶二郎は日頃の願いが叶ったと喜び勇んで道行をして、ここが最期にはいい場所と脇差を抜きいよいよ最期のときと南無阿弥陀仏を唱えた。 ...
  • 次へ