いふ料簡

4 の例文 (0.00 秒)
  • くら親方おやかた勘次かんじがどういふ料簡れうけんであるといふことは卯平うへいへはいはなかつた。
  • そして、自分ながら意気地いくぢなく、明日からまた気をとり直して、みつしり働かうといふ料簡れうけんになるのであつた。 ...
  • それではおすがの家で捨て置くまいと思ふ筈だがおすがのお袋は少し愚圖な氣のいゝ女で只娘が可愛くて兼次との間を裂かうなどゝいふ料簡れうけんは微塵もない。 ...
  • 中幕に嵯峨や御室の浄瑠璃がありましたが、九蔵の光圀はほんのお附合ひといふ料簡で出てゐる。 ...