いなかまわり

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 田舎回りの画家が描いたように想像できて風情があった。 ...
  • 僕は田舎まわりのあるフランスの注文とりから習いました。 ...
  • 田舎まわりの因果物みたいな変な子はいないんだぞ。 ...
  • 当時あいつは、田舎まわりの役人をしていたのだ。 ...
  • 芝居なども、かなりまとまった田舎まわりの大阪役者の一座が巡って来た。 ...
  • けれども松緑、松の緑というのは縁起がいい名前ですから、過去に田舎回りの人や何かが勝手に付けたのはずいぶんありました。 ...
  • 田舎まわりの電車に、二三度乗換えなければならなかった。 ...
  • 田舎まわりの生活に嫌気がさした彼は38歳の時に官を辞し、そののちは生涯職に就かなかった。 ...
  • さすがに他の田舎回りと異なりてまじめなるところあれど、題材すでに現在と万里のへだてあり。 ...
  • 残ったものの山下は、陸軍中央を離れ、長く“田舎まわり”を余儀なくされたのである。 ...
  • 政党の行く方などは今のところどうでもよいが、機関説排撃運動の行く方は、さしずめ田舎まわりというところにでもなるだろう。 ...
  • 震災後、私は東京にいるのが不愉快なのであちこちと田舎まわりをしながら暮らした、気まぐれに朝鮮の方まで出かけた。 ...
  • いままでやってきて、この稼業しようばいをやめるのはいやだし、といって、いなかまわりになってしまうのもいやだし、どうしようかな? ...
  • 眉も髯も真っ白な、一見、田舎回りの日本画家というような風貌を持った老人である。 ...
  • あくまで田舎まわり専門なのである。 ...
  • 三年前までは田舎まわりのイロモノ一座にいたのですが、高山にきたとき、そこに遊びに行った谷湯のおかみさんと一晩で出来たということです。 ...
  • これならばヘタな田舎回りの劇団に劣るとも思われず。 ...