いつも柔和

9 の例文 (0.00 秒)
  • からかう口調になっても、植松はいつも柔和そうな顔をしている。 ...
  • いつも柔和に笑っている象のような村田の目から、まるできりのように鋭い視線が突き刺すように送られてきた。 ...
  • いつも柔和で穏やかな清一郎の、あんなに取り乱した姿をみたのは初めてだった。 ...
  • これまで稽古をつける時でさえ、秀美だけにはいつも柔和な和憲が見せたこともないようなきびしい様子だった。 ...
  • 妻はいつも柔和な顔をし、不快な折には眉をしかめるだけだが、床に接した顔は激しくゆがみ、細い眼が異様なほど大きくひらかれている。 ...
  • 二人の過ごした時間が短いからか、或はキリシタン教徒からか、光はいつも柔和でさわやかな顔立ちをしていた。 ...
  • いつも柔和にゅうわな茶太保と違い、宋太傅の勘気かんきをおそれる者も少なくないのだが、 「いえ、おっしゃるとおりです」 朝廷三師を前にしてもまったくおくさないところが絳攸である。 ...
  • 「ソードルシカ、トルコ蜜飴みつあめを二〇〇グラムお願いします」 物静かで小柄なおばさんは、いつも柔和な表情を少しも変えずに注文に応じてくれていたのだが、その日は、キッと顔をこわばらせた。 ...