いつもより多く

33 の用例 (0.00 秒)
  • 大阪東部の住宅街で、お米を買いに来る客は、いつもより多くなっていた。 堺屋太一『油断!』より引用
  • みんなはいつもより多く夜食をとり、いつもより三十分も早く寝た。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』より引用
  • そのため宅配弁当は、雨や雪の日にはいつもより多くの注文が入る。 曽根圭介『鼻』より引用
  • 閲覧室えつらんしつの中には、いつもより多くの生徒たちがいた。 今野緒雪『マリア様がみてる 26 クリスクロス』より引用
  • 酒もいつもより多く飲んだ。 豊島与志雄『溺るるもの』より引用
  • 餉台の上にはいつもより多くの御馳走が並んでいた。 豊島与志雄『或る女の手記』より引用
  • 今日はいつもより多く吸ってしまったらしい。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • そして皆の間には、法会のことや親戚の人達の噂など、いつもより多くの話題があった。 豊島与志雄『同胞』より引用
  • 哲の長五郎丸でも、いつもより多く船を出したんだろう。 喜多嶋隆『ビリーがいた夏』より引用
  • 今日はラム酒がいつもより多くふるまわれたからだ。 三浦綾子『海嶺(中)』より引用
  • 朝の食事は、いつもより多く、半熟卵四個と牛乳を二合呑んだ。 巖谷大四『懐しき文士たち 昭和篇』より引用
  • いつもより多く食べた。 豊島与志雄『慾』より引用
  • かの女は光一と文子の食力を計算する事を決してわすれなかった、今日はいつもより多く食べたといっては喜び少なく食べたといっては病気ではないかと心配する。 佐藤紅緑『ああ玉杯に花うけて』より引用
  • わたしは満足していたから、もちろん、めくらになっていて、彼がいつもより多く苦しんでいるのが見えなかった。 ヘッセ/佐藤晃一訳『郷愁』より引用
  • シズ様は何も言わずに、いつもより多くを積み込んだ。 時雨沢恵一『キノの旅 第06巻』より引用
  • と、私はいつもより多く砂糖を入れた紅茶をつくって、急いでテルモスにつめた。 植村直己『エベレストを越えて』より引用
  • これまでは、主人がアメリカに行っておりましたので、自分の時間もいつもより多く取ることが出来ましたが、帰国してからは、またもとの忙しい主婦業に戻ってしまいました。 宮本輝『錦繍』より引用
  • で、私の体からはいつもより多くの、恐らくは十六本以上の「偽足」が生えていたにちがいない。 倉橋由美子『倉橋由美子の怪奇掌篇』より引用
  • いつもより多く喋っておりますが、これでギャラはおんなじだ。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • 炊煙すいえんがいつもより多く立っていた。 海音寺潮五郎『天と地と(五)』より引用
  • 次へ »