いったん言葉を切り

26 の用例 (0.00 秒)
  • 「ただ」と私はそこでいったん言葉を切り、若干同情する声音を作った。 伊坂幸太郎『死神の精度』より引用
  • これだけで、何かがわかるはずもないのに、大輔はいったん言葉を切った。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 佐馬助はそこでいったん言葉を切り、あとはゆっくりと絞りだすようにいった。 山田正紀『闇の太守』より引用
  • いったん言葉を切ってから、玉砂は俺に質問しようとした。 霞流一『フォックスの死劇』より引用
  • いったん言葉を切ったのは、質問をしろ、という意志表示である。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 彼はそこでいったん言葉を切り、急に別人のような顔になった。 原田宗典『海の短編集』より引用
  • 千尋は、いったん言葉を切って浩子の反応をうかがうような目をした。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 相手が黙っていて、十津川がいったん言葉を切ってから、また話を続けたところである。 西村京太郎『寝台特急「ゆうづる」の女』より引用
  • そこでいったん言葉を切り、またちょっと首を傾げてこう云った。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 桑原警部はここでいったん言葉を切り、三郎に何かの発言を求めるような視線を投げてきた。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • アキラはいったん言葉を切って、短くなった煙草を灰皿に押しつけた。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • 寺崎義男は、そこでいったん言葉を切り、恭子をにらむようにして言った。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • 志功はそこでいったん言葉を切って、真剣な顔つきになった。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • 大三郎はここでいったん言葉を切って大原を見た。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • そこでいったん言葉を切ったのは、明らかにわざとだ。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • いったん言葉を切り、ブラァンを見て、警告のしるしに指を振り立てた。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用
  • そこで男はいったん言葉を切った。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • 朝倉はそこでいったん言葉を切って、そして後を続けた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • そして綾がいったん言葉を切り、最後の言葉を口にする。 新井輝『ROOM NO.1301 僕と綾さんと身代わりの暗闇プレイ [2005 03SUMMER]』より引用
  • 彼女はいったん言葉を切り、裕生の目をまっすぐに見た。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 次へ »