いちねんせい

全て 名詞
9 の例文 (0.00 秒)
  • 現在、広く知られているバージョンは太平洋戦争終結後の1947年に文部省が発行した『一ねんせいのおんがく』において野村が作詞した原曲を改作すると共に2番以下を廃止したものである。 ...
  • 戦後は題名も詞も平仮名表記が用いられ、文部省が発行した教科書「一ねんせいのおんがく」昭和22年度版を始め、1950年から1985年まで、長年に亘って教科書会社から発行されている音楽の教科書に掲載された。 ...
  • 第二次世界大戦の終戦から2年経った1947年、小学一年向けに刊行された最初の音楽の教科書『一ねんせいのおんがく』に、新しい歌詞で登場したのが『むすんでひらいて』であった。 ...
  • ここではト長調であるが、1947年刊行の文部省編『一ねんせいのおんがく』に掲載された「ぶんぶんぶん」はハ長調である。 ...
  • 「いちねんせいリッパ節」から「恐竜組」名義の作詞が増えるが、この「恐竜組」とは、小学館社員有志が参加した作詞ネームの事。 ...
  • 主な作品として、『おこだでませんように』、『メガネをかけたら』、『もぐらのサンディ』『いちねんせいの1年間』『すこやかな心を育む絵本』シリーズ、などがある。 ...
  • 「ぶんぶんぶん」は1947年、小学校1年生用音楽科教科書『一ねんせいのおんがく』に掲載された。 ...
  • 昭和28年、教育芸術社は、作曲者である下総皖一と山田耕筰校閲の『一ねんせいのおんがく』を発行。 ...