いたの間

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 部屋も六畳一間に三畳ほどの板の間のお勝手が付いているだけであった。 ...
  • 私の寝ている十二畳の座敷のうらには、八畳ばかりの板の間の部屋がある。 ...
  • 母親は板の間でぼんやり煙草を吸っていたが、話を聞いて煙管キセルを置いた。 ...
  • するとすぐ近くで返事があって、廊下にした板の間へ顔を出した者があった。 ...
  • 今は通路との境に衝立ついたてが置かれ、板の間側が梢路の居室に使われている。 ...
  • 板の間は六畳ほどの広さで、いつもは源さんがそこで仕事をしている。 ...
  • 合板と合板の間に何かが入っているとわかるような音はしなかった。 ...
  • そして倒れると同時に、その板の間が血でどろどろしているのを感じた。 ...
  • 獄屋も余程楽な獄屋といったところが土塀に板の間の外には何にもない。 ...
  • 板の間の奥が台所で、反対側には狭い部屋が二つほどあるらしかった。 ...
  • 行く手でついに階段が終わり、その向こうにやや広めの板の間があった。 ...
  • 部屋の外に小さな板の間があり、そこのドアから庭へ出入りすることができた。 ...
  • 「はい」 小吉はあわてて広々とした玄関の板の間へ出て行って坐った。 ...
  • 板の間へ出るとこちらを向いて以前の速度を以て歩いて來る。 ...
  • 左右の喉甲板の間にある甲板は大型で、肩甲板に接しないが胸甲板に接する。 ...
  • 板の間の正面に、左右の壁と天井てんじょうに接するように朱色の門が屹立きつりつしている。 ...
  • 寺や神社では弟子の教育の一環として、廊下や板の間などの雑巾がけを行う。 ...