いけるような気

17 の例文 (0.00 秒)
  • 明日にでも放送の世界で生きていけるような気がしていた。 ...
  • まあ椎菜の性格せいかくならどこに行ってもだれが相手でも立派りっぱにやっていけるような気もするが。
  • そう思うと、悲しみに立ち向かっていけるような気がしてきた。 ...
  • 今なら、どんな世界でも生きていけるような気がした。 ...
  • 帰ってくるのかどうかは知りませんが、あの人がいなくても、とてもうまくここをやっていけるような気がします。 ...
  • どこまでも走っていけるような気がする。 ...
  • 「指圧のコンピュータ化」 これはなんだか、いけるような気がしないでもない。 ...
  • こいつはいけるような気がする。 ...
  • メイシェンたちの望む未来を守るため、そのかがやきをなくさなければ、自分もいつかその中に入っていけるような気がしたから。 ...
  • するとたちまち、ますます足を早め、いよいよかくごをはっきりときめて、山にはいっていけるような気になりました。 ...
  • 私がぐちをいっても、いつも同じことしかいわないけれど、このダンナがいるからこそ、私は会社がつまらなくても働いていけるような気がした。 ...
  • そして、千円札をちゃっかり残した自分の図々しさを考えると、これから何があってもふてぶてしく生きていけるような気がしてきたのである。 ...
  • その丘陵のどのあたりに秀吉が建てた絢爛けんらん豪華な伏見城があったのだろうかと考えるだけで、なにかゆったりした春の景色のなかに溶けこんでいけるような気がした。 ...
  • 新しいジョッキに口をつけながら、自分が気楽に、今までふり返ったこともない、ふり返るつもりもなかった過去の思い出の中へ入っていけるような気がしていた。 ...
  • 自分と仔猫の境遇をどこかで重ね合わせて、たとえ「不運猫」であったとしても、この黒いカタマリとなら暮らしていけるような気になっていた。 ...
  • 「ダイナマイト」 というのもちょっといけるような気がするが、これは五〇年代に、日活アクション映画に、「マイトガイ」というのがいたくらいで、すでに過去のものだった。 ...