いきなり切り出し

26 の用例 (0.00 秒)
  • そう言って弟は、女の眼の底をじっと見つめながらいきなり切り出したのじゃ。 モーパッサン/新庄嘉章『ある女の告白』より引用
  • なあんていきなり切り出してくるものだから、ぼくは大いに面食らった。 原田宗典『はたらく青年』より引用
  • 麻里子の体が回復したところで、ある日、岩沢が、いきなり切り出した。 城山三郎『打出小槌町一番地』より引用
  • 目を丸くするルディックには構わず、サフィールはいきなり切り出した。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • 器を置いたヴィタ・ファリエルがいきなり切り出し、ケアルは首を傾げた。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • と、挨拶あいさつもせずにいきなり切り出してきた。 上遠野浩平『わたしは虚夢を月に聴く 校正06 03 15』より引用
  • 彼女は当然のように、一緒に部屋に上り込み、ベッドのまわりのヌード写真をあごでさしながら、不機嫌そうにいきなり切り出した。 安部公房『密会』より引用
  • 一切の駆け引きを踏み越えて女がいきなり切り出した。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • 挨拶をすませると、玖島の父親は、いきなり切り出して来た。 梶山季之『女の警察』より引用
  • 美千隆はいきなり切り出してきた。 馳星周『生誕祭(上)』より引用
  • 「ねえ、奈津子」とふいに景子は私の名を呼びかけるなり、いきなり切り出したのでした。 小池真理子『天の刻(とき)』より引用
  • イーブは電話の相手が誰か分からないままダイアルを廻し、応答する声に「救けて欲しいんだけど、金が欲しいんだけど」といきなり切り出した。 中上健次『讃歌』より引用
  • 「デスコルヴァル男爵がどうなったか知りたい」マルチアルはいきなり切り出した。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • おれはいきなり切り出した。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 笑みを浮べながら挨拶したものの、シグルドはそれに応える心境ではないらしく、唸り声を交えながらいきなり切り出した。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • と、いきなり切り出して来た。 西村京太郎『私を殺しに来た男』より引用
  • 徳田は、挨拶あいさつを返さずにいきなり切り出した。 桐生祐狩『夏の滴』より引用
  • そしていきなり切り出した。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • 「実はね」とジュリアスはいきなり切り出した。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • 江上さんはいきなり切り出した。 桐生祐狩『夏の滴』より引用
  • 次へ »