いう約定

20 の例文 (0.00 秒)
  • また両発電所を買収したときの契約には茨城電気から要請があれば発電所を売り戻すという約定があった。 ...
  • 百年にも渡る内乱を経てようやく条約らしきものが結ばれ、現在ではこの五族のあいだに上下はないという約定が交わされている。 ...
  • また、藤原は、出捐を一切返還しないという約定については、次のように述べている。
  • このような補償の一環として分水口を設け用水の使用権を与えるという約定が締結されたが、これが後に用水量に関わる紛争の原因となる。 ...
  • また、発電所を買収したときの契約には、茨城電気から要請があれば発電所を売り戻すという約定があった。 ...
  • またバラモンの求めに応じ、ドラウパディーと他の兄弟が閨に入っている時に部屋に入ったら十二年間森へ追放する、という約定を破って弓を取りに部屋に入ったことについては、ユディシュティラ、ドラウパディー、他の弟らが許しているにもかかわらず、自らを追放するように求め、最終的にユディシュティラが折れている。 ...
  • そのおれがこう堂々と来た上は、こやつ、この女、煮て食おうが焼いて食おうが文句はいわぬ、という約定であったな?
  • 古謡でも散文でも、三人組は犬を使ってワイン・酒類を密造していたが、絶対に覗き見てはならないという約定を犯したフィアナ騎士を許さず始末した。 ...
  • 時睦は松平姓の名乗りを許されていたが、一代限りという約定であったので、保経は元文元年に改めて柳沢姓を称す。 ...
  • 町役所が総参拝警護の手抜かりを認め、一日も早いお日高さま再建に力を尽くすという約定をくれない限り、わしらはもう町役所の言うことはきかん。 ...
  • 日英同盟は「日英どちらかが二か国以上と戦争になった場合はもう片方は同盟国のために参戦、一か国との戦争の場合はもう片方は中立を保つ」という約定になっていたため、フランスがロシアとともに日本に宣戦布告せぬようフランス取り込みに腐心した。 ...
  • 最終的に、カナージとイギリス東インド会社総督エイズラビーとの間で、今後東インド会社所有の船を襲わないという約定が結ばれた。 ...
  • その結果、もしわしが鐘巻武蔵守どのを破ったときは、この新免又右衛門を将軍家指南役として推挙するであろうという約定書と、鐘巻家への紹介状を柳生から手に入れたことで、その試合の雲行きを察してくれい。
  • この措置そちは、あの戦の期間かぎりという約定があったのだが、この冬、淑夜が青城を訪れると、夫余は正式に〈奎〉の上士にとりたてられていた。 ...
  • ナヌムの家の入居者らは一人も20年以上にわたって集められた118億ウォンを超える後援金などの恩恵を一切得られず、むしろナヌムの家側に月10万ウォンを受け取る代わりに後援金や補助金など金銭面に一切に関与しないという約定書に拇印を押さなければならなかった。
  • 江戸への用事を申し付けたうえ、首尾よく目的を果たせば、田地を与え、夫役を免除するという約定だった。 ...
  • パイナップルの専売とひきかえに、ばくち場は開かないという約定やくじようを、ネヴァダ州と取り交してるんです。
  • 次へ