あんまりじゃありませ

17 の例文 (0.00 秒)
  • これで人生がおしまいだなんてあんまりじゃありませんか。 ...
  • あのときはあんまりじゃありませんか!
  • それだとあんまりじゃありませんか。 ...
  • 今までにもどんなに頼んだか知れないのに、それじゃ貴下、あんまりじゃありませんか。 ...
  • ありあまっているのに、足りない人のものを取ろうなんて、あんまりじゃありませんか。 ...
  • 「だって、あんまりじゃありませんか」 と紳士は中腰のまま、息もつけない程憤慨していた。 ...
  • 備前屋もあんまりじゃありませんか。
  • 越前屋さんだって、あんまりじゃありませんか。
  • うちみたいな上品な店でこんな仕打ちってあんまりじゃありませんか、署長さま、だからわたしはどなりつけたんですよ。 ...
  • 「あなたは、妖道士ようどうしだまされて、私をお疑いになっておりますが、それはあんまりじゃありませんか、真箇にあなたは、薄情じゃありませんか」 麗卿が燈籠の下にしんなりと坐っていた。 ...
  • 「あなたは、妖道士に騙されて、私をお疑いになっておりますが、それはあんまりじゃありませんか、ほんとうにあなたは、薄情じゃありませんか」 麗卿が燈籠の下にしんなりと坐っていた。 ...
  • 「それはあんまりじゃありませんか」 「おねがいでございます」 ヘンリーの前にひざまずきながらホークアイが言った。 ...
  • 「あなたは、また私を疑って、符を焼こうとしていらっしゃるのですね、こうして、もう長い間、いっしょにいるのにどこが怪しいのです、あんまりじゃありませんか」 傍にいた白娘子が不意に怒りだした。 ...
  • 「あなたは、また私を疑って、符を焼こうとしていらっしゃるのですね、こうして、もう長い間、いっしょにいるのに、どこが怪しいのです、あんまりじゃありませんか」 傍にいた白娘子が不意に怒りだした。 ...
  • 「料理はまずいし、お代は高いし、井筒屋も井筒屋だけど、おていって人も、あんまりじゃありませんか」 大川を舟で戻りながら、るいは盛んに憤慨した。 ...
  • 紅や乳母はこのことをきいて、 「一体だれがそんなことを云いだしたんでしょう」 「誰だか知らないけれ共、あんまりじゃありませんかネエ、私達はいじにも御なおし申さなくっては」 怒りながらこんなことを云い合って居た。 ...