あんぴ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 栞子さんも似たようなものだが、母親の安否だけははっきりしていない。 ...
  • 翌十九日には襲撃の状況は判明したが、その安否は確認されなかった。 ...
  • 毎日どちらかがどちらかの安否を気遣って不安にくれるなんて大変だから。 ...
  • 北越と真知子の安否確認は島岡にとっても非常な関心のある問題である。 ...
  • しばらく眺めてから、彼女が知りたがっていたのは俺の安否だと気付いた。 ...
  • 自ら被災しながらも放送人として安否確認情報や緊急情報を伝え続ける。 ...
  • 多くの人間はこの害悪を避けるためには、魂の安否を忘れてしまうほどだ。 ...
  • 感情を露にしない彼が、明らかに彼女の安否を気にしているということである。 ...
  • しかし、今日まで一度もその安否について考へたこともない女である。 ...
  • そして、教師である自分の安否も、気づかってくれているにちがいない。 ...
  • さきにいる子供の安否についても一方ひとかたならぬ心配をしたものらしかった。 ...
  • かれは、自分自身のことより彼女の安否の方を気にしている自分に気がついた。 ...
  • それはことによると、夫の安否よりも深い恐怖だったかもしれない。 ...
  • 博士の安否あんぴをたしかめるほかに、他のいろいろな道をも行ってみます。
  • 広島のことをラジオできいたとき、ひろ子はすぐ安否をきいてやった。 ...
  • 中国政府は被害者75人のうち18人の安否を明らかにしていなかった。 ...
  • 私はすぐに大阪にいる兄に電話をかけ、安否を確認しようとした。 ...