あわよくば

全て 副詞
411 の例文 (0.00 秒)
  • わずか二十数人で京をあわよくば占領しようという壮士どもが、である。 ...
  • あわよくば仲間に引っぱり込んで仕事をさせる気でいたのでしょう。
  • 従来も、あわよくばと、兄高氏の幽居へ近づきかけたことは再々だった。 ...
  • あわよくば、双生児がその窓のところに出ているかもしれないのだ。 ...
  • 槍のように強い雨は、あわよくば死を消してしまおうとする世界の涙。 ...
  • あわよくば、庭掃除の仕事でも請け負いたいと思っているのかもしれない。 ...
  • 自分との戦いが楽なものにはならないと印象付けて、あわよくばこの場を撤退てったいさせるつもりだった。 ...
  • 性的欲求や、あわよくば自分がリーダーにという野心がないわけではない。 ...
  • あわよくば、わたしたちを油断させて殺すつもりだったに違いない。 ...
  • ぼくは、あわよくば林間学校で儲けようとしていたのではないかと思いました。 ...
  • そしてあわよくば日露間に事を引き起そうとするのであろう。 ...
  • しかし、その事件の計画を耳にした時にだね、これはあわよくばという感じが出たかも知れない。
  • あわよくば、扉から出てきたところを不意打ちにできると思った。 ...
  • 中にはあわよくば、自分が権力につくことが出来るかも知れないとの思いを抱くものもあった。 ...
  • そして、息子を町に出して、あわよくば女郎屋の亭主にしようとする。 ...
  • あわよくば口説いてみようと、男に思わせる何かが、先週の女にはあった。 ...
  • あわよくばこの道路を利用する車を、体を張って止めることができるだろうという考えからだ。 ...
  • 次へ