あまったるく

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その日男はたまらないほどあまったるい気持になって家に帰った。 ...
  • こうすれば、あのあまったるいにおいにやられることもないと考えたからです。 ...
  • またあまったるいことばかり考えているものもあるだろう。 ...
  • 今のエドガーの、あまったるい態度を不審ふしんに思っている節もない。 ...
  • だれか男が不意にギターで伴奏をしながらあまったるい裏声でこんな歌を歌いだした。 ...
  • 頭にのぼる、熟しすぎた濃い麝香のようにあまったるいにおいだった。 ...
  • 「マア」私はこう云わずには居られないほどきれいにあまったるい様なかおになって居る。 ...
  • 民衆は子どもっぽいところがあるもので、こういう砂糖菓子みたいにあまったるい言葉が好きなのだ。 ...
  • まだ中年にはかなりがあり、砂糖のようなあまったるい目をして、笑うときにはそれを糸のように細めるマニーロフは、彼にすっかり夢中になってしまった。 ...
  • 彼女がそんなことをするのは、明らかに、そんなふうに言葉をひきのばして故意にあまったるいニュアンスを出すことが美しいのだと思っているからに相違なかった。 ...
  • ギリシア人は、れいのあまったるいワインを飲み、つづけさまに歌をうたい、おれたちはテーブルのまわりに腰をおろしていた。 ...
  • もっともときどきその息にあまったるいお菓子の匂いがしみこんでいるとかで マブの女王はそのくちびるにただれをこしらえてしまうがね。 ...
  • 世界をこばみながら自分だけは世界にうけ入れられていると信じてうたがわない少女のあまったるい声が美香のこまくをはねた。 ...
  • 人類がこれまでに創作したもっとも途方もない考えとは、創造の主なる神、全宇宙の形成者にして統治者が、おのれの創造した生物どものあまったるい崇拝を求め、その祈りによって左右され、もしそのお世辞を受けることができなかった場合は腹を立てるということだ。 ...
  • あまったるくて気恥ずかしくてどうにかしてといつも思うのに、テリーサに気づかれないよう、けれどはっきりと自分に呼びかけられたと気づいたリディアは、ぐったりと疲れているのに奇妙に胸が高鳴った。 ...
  • 襲われんようにねぇ、美和姉ちゃんのあまったるい声が背中にぶつけられる。 ...
  • そのとき不意にみんなのところへ、だぶだぶの夏外套を着、あまったるい目つきをした、ひとりの頭のはげかかった年配の紳士が近寄ってきた。 ...