あほらしゅう

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そういうことへの嫌悪にあまりにかれていた自分があほらしくなった。 ...
  • そして年をとることは、あほらしいことである、と思ったのでありました。 ...
  • 自分でふりかえって、半分は感心し、半分はあほらしくなるほどである。 ...
  • 自分で指揮をとらなくてはならないのなら、こんなあほらしいことを提案したりしませんよ。
  • 人からどう見えるかばかりを気にして振る舞うのはあほらしい。 ...
  • などといいたいことは山ほどあったが、まじめに怒るのもあほらしくなっていた。 ...
  • こんなあほらしい話はどういうふうにかたをつけるものか、姉さんに教えて上げるから。
  • ヤンはそれを多少は承知していたが、配慮などするのはあほらしいので無視しつづけてきた。 ...
  • ここで必死で頑張るのが、あほらしくなって、私は泳ぐのを止めた。 ...
  • プレイヤーを見ただけで、あほらしくて聴く気にもなれない。 ...
  • 忍者ブームが起きたとき、鬼の首でも取ったようにそのあほらしさを指摘した本が続出した。 ...
  • それは儀礼的で、やり切れないほどあほらしい、わびしいものであった。 ...
  • 人々はそれをでっちあげようと骨をおっているが、だれもまだそのあほらしさに気がついていない。 ...
  • 一種のあほらしい感じ、とはこれを言うのである。 ...
  • わたしにはあほらしいことを解するセンスがあってさいわいだった。 ...
  • しかし、実際においては、道ばたで何もしないで何時間もぽかんと立ってるのはあほらしいな。
  • そりゃもう、ぼくにくらべたら、どんな男でも、あほらしく見えるんだからね。