あの白々しい

5 の用例 (0.00 秒)
  • ぼくはあの叱られたことの意味を体ごと受け止めることにより、われわれの管理された怠惰で欺瞞的な日常性を超え、また自分自身の位置と存在を確認して、再びあの白々しいもとの日常の中に帰っていくことだけは食い止めなければならないとつくづく思って永平寺を後にした。 横尾忠則『わが坐禅修行記』より引用
  • しかも更に妖怪的な凄味のあるのは、安川が有耶無耶のうちにおたきの意志をうち消しててんで相手にならないのに、強ひてすすめもしなければ反対もせず同意もせず、あへて悲しみも見せなければ絶望もせぬあの白々しい無表情な顔付だつた。 坂口安吾『老嫗面』より引用
  • これみよがしに牛乳屋との契約を破つてみせても、あの白々しい無表情の顔の前では、単に敗北を強めることにすぎないだらう。 坂口安吾『老嫗面』より引用
  • 今夜の藍ちゃんの、あの白々しい顔を見た? 中井英夫『虚無への供物』より引用
  • 夏なのに凍える獄中ではなく、あの白々しい作り物の月に腰掛けて、奇怪なとも妖艶なともいえる天女の扮装で読んでくれているのか。 岩井志麻子『黒焦げ美人』より引用