あの汚らしい

6 の用例 (0.00 秒)
  • 私は、二度までもあの汚らしい吸血鬼に情けをかけられた。 奈須きのこ『MELTY BLOOD 夜が明けたら』より引用
  • そうすれば少しはあの汚らしい咳から遠ざかれるものを。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • あの汚らしい廃物同然の女中らの持ち物は、あの画や写真とともに、もうどこにも見当たらなかった。 カフカ/谷友幸訳『城(上)』より引用
  • しかし同時に、あの汚らしい樽が読者の目にしょっちゅうちらちらしているのも、読者を印象づける大きな理由の一つである。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • そして血管の中からぶくぶくと溢れ出す、あの汚らしい赤黒いうじ虫の群れを見た。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 06 罪滅ぼし編』より引用
  • だって、殿方が、数日間も、お泊まり込みになり、おまけに、あの汚らしい下種げすの従僕たちが、その部屋のなかを、立ち回っていたのですもの。 カフカ/谷友幸訳『城(下)』より引用