あの召使

12 の用例 (0.00 秒)
  • ここじゃまるで、きみのいうあの召使どものうちみたいじゃないか。 ハインライン『デリラと宇宙野郎たち』より引用
  • あの召使がきっと道を間違いなく教えてくれるにちがいない。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • いや、あの召使は、どのみち、食堂へ呼ばれたらしいから、いずれあの男が僕の意のままになってくれるのだろう。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • 中田は、急いでバス停へと歩きながら、あの召使って奴、確かに気はきくな、と思った。 赤川次郎『悪魔のような女 懐かしの名画ミステリー2』より引用
  • そして財布のなかには銀貨が何枚あるか、マリウッチアはそのなかから馬車屋に払ったのか、金を持って来た時あの召使が何と言ってたか、ときいた。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • じっさい、もう深く息をついて口をひらこうとしていたのだが、そのときふいと、みんなの顔がそちらにじっと向いているところへ近づいていけなかったあの召使の気持ちが、しみじみとわかるような気がした。 リルケ/星野慎一訳『マルテの手記』より引用
  • かりに、あの召使がヴァルノさんに会うとしましょう。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • するとその時、あの召使バトラーは、そのけたたましい音響に当然消されねばならない、ある微かな音を聴くことが出来たのだ。 小栗虫太郎『黒死館殺人事件』より引用
  • 私は、あの召使に身をやつしながらも、あふれるような品位を持った維盛卿の姿を、どれほど懐しく見守ったことでしょう。 菊池寛『ある恋の話』より引用
  • あの召使は追いだされてが当然です。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • それともただなんとなく、あの召使部屋の、暖炉のそばの、皮衣をしいたあたたかい場所と、町できのやわらかいピローグや野菜汁シチーに別れを告げて、あすはまた雨や、泥濘でいねいの道や、その他いろんな不自由が待つ旅の空へ出なければならぬのが、のこり惜しかったのか? ゴーゴリ/工藤精一郎訳『死せる魂』より引用
  • クロサックは、その陰惨な使命を完了したからには、当然、姿をくらまして、今では、はるか海上にあって、故国に向かっているかもしれない、クリング、あの召使はどうなっただろうか。 クイーン/石川年訳『エジプト十字架事件』より引用