あと厄

全て 名詞
12 の例文 (0.00 秒)
  • 神社によっては、大厄のみに前厄、後厄を設け、小厄には設けない場合がある。 ...
  • いずれの厄年にもその前後1年間に前厄・後厄の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされる。 ...
  • 併し四十三歳の後厄あとやくの年の春、血尿と悪寒を押して会社へ出ているうちに、過労から仕事先で倒れ、肝臓疾患で五十日余の病院生活をした。 ...
  • それよりも傾聴すべきは、東西の厄年を総攬して、これに前厄と後厄を加えると、人生に厄年でない年は一年もなくなってしまうという日野九思の説である。 ...
  • 親分の鐘五郎は四十三歳、後厄あとやくの大事な誕生日を迎えた上、新たに大大名二軒の出入りを許されて、押しも押されもせぬ、江戸一番の人入れ稼業になった心祝いの酒盛りだったのです。 ...
  • 年はあとやくの四十三だが、あと厄どころかこのところアルマイトの流行に乗って急激にふくれ上り、社員も三百人を越して景気がいい。 ...
  • 満年齢と数えの旧年齢の両方を基準に前厄、本厄、後厄と丁寧に願を掛け、厄除けの護符をもらい、翌年その札を収めるとすると、つまりは毎年通うことになる。 ...
  • 神輿渡御の二日間のうち、一日目を前厄、二日目を後厄の人々で白丁衆を担うことが通例となっている。 ...
  • 親分の鐘五郎は四十三歳、後厄あとやくの大事な誕生日を迎へた上、新に大々名二軒の出入りを許されて、押しも押されもせぬ、江戸一番の人入稼業になつた心祝ひの酒盛だつたのです。 ...
  • 神輿は数え年で25歳、42歳、61歳の厄年、42歳前後の前厄・後厄の男達が年齢ごとに会名を付けた4つの会に分かれ、1基の大神輿を各会が交代に担ぐ。 ...
  • おれ、あと厄だぞ。