あっさり切り捨て

6 の用例 (0.00 秒)
  • この病院で先生だけは、他の人があっさり切り捨ててしまうものに気持ちを向ける人だったから。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』より引用
  • あっさり切り捨てられて蒼はふくれたが、深春の反応は当然ながら遠慮のかけらもない。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 非合法であること自体からは軍が守ってくれるにしても、んなもんあっさり切り捨てられるし、実験台にされるかもしれねーし、あらぬ疑いをかけられて粛清しゅくせいされるかもしれねえ。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 出向要員になった理由もそのせいらしいが、融資部ではとくに事情を調べもせず、あっさり切り捨ててしまった。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • 彼はフォースで相手を攻撃することに何のためらいも見せず、「フォースは知識と防御に使うべきもので、攻撃に使うべきではない」と言うルークの説得を「そんなものは単純な頭が考え出した陳腐な誓約にすぎない」とあっさり切り捨てている。
  • だが、ユミは同情した様子も見せず「段取り悪いのよね」とあっさり切り捨てて、いたずらっぽく笑う。 重松清『カカシの夏休み』より引用