あたりを見回す

275 の用例 (0.00 秒)
  • 三人の若い男たちは手を腰にあてて、あてもなくあたりを見回していた。 カフカ/中野孝次訳『審判』より引用
  • 奥のテーブルに水をついで、ふとあたりを見回したら鈴木と目があった。 高野悦子『二十歳の原点』より引用
  • 混乱した気分であたりを見回して、池の背後を包む森で視線が止まった。 坂東眞砂子『蛇鏡』より引用
  • 私は立ち上がって、そのあたりを見回したが、そこには誰もいなかった。 高木彬光『わが一高時代の犯罪』より引用
  • そうやってしばらく立ったまま、顔を動かさずにあたりを見回していた。 カフカ/中野孝次訳『審判』より引用
  • あたりを見回したが、霧と、塔の姿にさえぎられて何人なんぴとの姿も見えない。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • こんな話になろうとは想像もしていなかったカークは、あたりを見回した。 ジェイムズ・ブリッシュ『12 上陸休暇中止!』より引用
  • 金田一耕助は思わずそう叫んだが、すぐに気がついてあたりを見回した。 横溝正史『金田一耕助ファイル05 犬神家の一族 v0.9』より引用
  • あたりを見回すと、旧校舎の廊下ろうかにいるのは裕生と葉だけになっていた。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • しかし彼はそうしないで、まだ自由な首をまわしてあたりを見回した。 カフカ/中野孝次訳『審判』より引用
  • 彼女はまずあたりを見回し、この前きたときと変わりないかと調べた。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • 普通の女の子の身体へと戻って、キョロキョロとあたりを見回している。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 避けられぬ運命そう自分を納得させつつ、わたしはあたりを見回した。 川又千秋『1+1=0』より引用
  • 周囲の顔を見定めようと苦闘するかのように、彼女はあたりを見回した。 ジェイムズ・ブリッシュ『05 メトセラへの鎮魂歌』より引用
  • 陽三はふいにはっとしたように顔色をかえてあたりを見回したのである。 横溝正史『青い外套を着た女』より引用
  • スープを飲み終え、次の料理のくるのを待ちながら、あたりを見回した。 クリスティ/古賀照一訳『オリエント急行殺人事件』より引用
  • 外に出たところでいったん足を止め、何かを求めるようにあたりを見回した。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 驚きあきれつつあたりを見回すと、同じような姿の法師たちが大勢いた。 小松和彦『神隠しと日本人』より引用
  • 山部はそこでふとことばを切ると、なぜか不安そうにあたりを見回した。 横溝正史『芙蓉屋敷の秘密』より引用
  • なんでもいいから何か飲むものはあるまいかとあたりを見回した。 マン/高橋義孝訳『トニオ・クレーゲル/ヴェニスに死す』より引用
  • 次へ »