あせみどろ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • かれらはまるで奴隷のように汗みどろになって死にもの狂いで働いた。 ...
  • あせみどろで笑いの余韻よいんひたる鏡閃に向かい部屋へやに現れた女は言葉を続けた。 ...
  • かと思うと私は恐怖に駆られて、汗みどろになってミラノの街を走っていた。 ...
  • スタードライブの巨大なパイプのなかで汗みどろになって働いたのだ。 ...
  • 運動場では、未だ大勢の学生が汗みどろになつて盛んに運動の練習をしてゐた。 ...
  • ちょっと眠ったかと思うとすぐ汗みどろになって目がさめた。 ...
  • 竹見水夫も、あせみどろになって、船と陸との間を何十回となく往復した。 ...
  • それも、ひどく真剣な顔が汗みどろになっているのが、一種異様な美しさでした。 ...
  • 説教したあとで相手は汗みどろの私の姿をおかしそうに眺めた。 ...
  • 実際、冷たい水に身を沈めていると汗みどろになった疲れが取れる。 ...
  • とてもではないが、汗みどろで夕食の仕度をする気にもなれず、外へ食べに行くことになった。 ...
  • 閉めきった暗い小屋の中で、二人は汗みどろになって抱き合った。 ...
  • しかし汗みどろの二時間を過してみると、湯に入りたくて仕方がなかったのである。 ...
  • 汗みどろになって切磋琢磨せつさたくまするのはスポーツの特徴である。 ...
  • 眠ったまま汗みどろでやつらは甲板へ上がる。 ...
  • 津村はその体の上へ体重をかけ、汗みどろの綾江と肌を密着させた。 ...
  • トランクス一枚の少年は汗みどろで机にむかっている。 ...