あこや

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • あこや真珠は現在では韓国や中国でも養殖が行われているが、主な生産地は日本である。 ...
  • ところが、前生徒会長・あこやの卒業に伴いこの伝統が途絶えてしまうことになった。 ...
  • あこや真珠の調色技術は業界内でも一目置かれている。 ...
  • 特にあこや真珠の調色技術は業界内でも高く評価されており、ネックレスの連相の良さと均質で上品な仕上がりには定評がある。 ...
  • かつてはあこや亭など飲食事業、田崎運輸サービスにおいて観光バス事業も行っていた。
  • しかし球団が発足した2005年以降、選手の多くは仙台市内に居住し、山形へは練習と試合のためだけに通うという者が多く、仮の合宿所として使用された山形市の「あこや会館」に居住する選手もごくわずかにとどまっていた。 ...
  • 日本産あこや真珠は日本固有の四季により真珠層の透明感ときめの美しさで際立ち世界的評価も高く、現在では香港にも支店を持ち、神戸ブランドパールとして輸出も積極的に行っている。 ...
  • 君のあたたかい乳房は、あこや珠に照りはえてゆらめき、 男は、その妙なる横腹に、黒い血を流した。 ...
  • また旧タカハシパール株式会社の副社長の高橋洋三はあこや真珠の美しさを伝得る目的でNPO法人「ひと粒の真珠」を立ち上げている。
  • このほか志摩マリンランドでの真珠製品付きの餅まき、「あこや汁」の振る舞いなどがある。 ...
  • 国道13号がバイパスを本線とする高架道路のため、国道13号との交点は立体交差で、一般に「あこやインター」と呼ばれる。 ...
  • このため新県庁舎建設計画が策定され、建設地は開通が予定されていた山形自動車道山形蔵王ICから至近の山形市東郊のあこや地区とし、山形県の誕生百年を目前に控えた1975年9月に総工費97億円余りを投じ建設された地下2階、地上16階の第3代県庁舎が完成し執務を開始した。 ...
  • あこやの貝の日はしんじゆ、 それかとまがふかがやきの かぎろひわたり、花草は 浪としぶきぬ、いかなれば かくもむなしき、石人の 瞳子ひとみ、まなざし。 ...
  • 主にあこや真珠、南洋真珠を扱う。 ...
  • 歴史小説には、『毛利元就』や『天草』など乱世をテーマとしたもの、「サル蟹合戦」「桃太郎の出征」「久米の仙人」「あこや珠」などの伝説を題材にした寓意小説などがある。 ...