あかぼし

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そこで赤星博士は必死となって、記憶をよびもどそうとしていたのです。 ...
  • 赤星が書こうとしていた小説がどんなものだったのか、がまだ判らない。
  • けれど、赤星さんはそこにたどり着くことができなかったわけでしょう?
  • 赤星さんの本名と同じなので、ずっと以前から知っていた駅なんだそうです。 ...
  • そして藤本と赤星のダブルスチールをテレビで見た事がきっかけである。 ...
  • 自動車に乗る時、杉山は赤星の指図に従って彼と刑事との間に腰かけた。
  • いつの間にか忘れるともなく、人々は赤星重右のことを口にしなかった。 ...
  • まして、赤星さんの場合はふだんから旅する機会が多かったんですから。
  • そここそが赤星の旅の本当の目的地だったのかもしれないところだ。 ...
  • 赤星を殺した犯人をつきとめるために何か行動をしたい、ということ。
  • 狙われたのが赤星先生だったとしても、やっぱりこれは女性のにおいがします。 ...
  • 赤星が長い廊下をぶらぶら歩いていると岩城文子は直きに引返して来た。
  • 赤星の死と近松の死は、彼女の上で焦点を結んでいるのかもしれない。 ...
  • 暴力団関係者の間ではマカロフ型拳銃に赤星という通称が付けられている。 ...
  • まだ赤星と張り合っている私の負けず嫌いぶりがおかしかったのだろう。
  • その一方で赤星さんが当夜、京都か大阪に泊まることを知っていたとする。 ...
  • 極端な理想が現実化したときの怖さ、とでもいったものが、赤星にはあった。 ...