あえない最期

25 の例文 (0.00 秒)
  • 琵琶そのものがここで無惨にもあえなき最期さいごを遂げたのだと思いました。 ...
  • 残された俺は、警察に逮捕されるか、そうでなければ狙撃されてあえない最期をとげるというわけだ。 ...
  • ところが、潜んでいた手の者に不意を襲われ、あえない最期を遂げたのである。 ...
  • ほんのちょっと指を動かしさえすれば、一巻のドラマは幕を閉じ、奇怪な冒険家の生涯はあえない最期を遂げることになるのだ。 ...
  • しかし同年9月23日にバグダード近郊で何者かに襲撃され、あえなく最期を遂げた。 ...
  • われわれがでくわした歩哨は、ふたりともあえない最期さいごをとげ、二つの門の番兵も声一つたてずに倒れた。 ...
  • しかし友人は好奇心のせいで頭を上へ突き出して覗いため、太陽が噴き出す血を浴びて池に落ち、あえない最期を遂げた。 ...
  • 意気込みのわりには、あまりパッとした成果もあげず、私たちの七試艦戦はあえない最期さいごをとげてしまった。 ...
  • 長州の刺客に狙われ、わしは何とか斬り抜けたが、吉村君はあえなく最期を遂げたと言えば、話に疑いようはあるまい。 ...
  • 何も知らぬ新聞記者は、その記事のあとへ、「小山田夫人は、おそらく夫六郎氏と同じ犯人の手にかかって、あえない最期をとげたものであろう」と付け加えた。 ...
  • そこで、お登女を案内者にして、万古堂へ乗り込んだのだが、ぎゃくに悪者どもの手にかかって、あえない最期をとげたのである。 ...
  • 多賀長兵衛氏の宅の、勝手口を出るとすぐその右手に、このごろ掘り始めた深い井戸の底に、長兵衛氏自身がはまり込んで、あえなく最期を遂げているのが発見されたのである。 ...
  • それが一月前、とうとう追っ手の知れるところとなって、治憲はあえない最期さいごをとげ、その際にみさおも一緒に落命したというわけだ。 ...
  • そこの主宰者、生駒勝二郎は定吉の属する秘密会所の下請けとして働いていたが、つい先月テレビ出演のため上京し、NATTOの手にかかってあえない最期を遂げたのだった。 ...
  • コングは飛行機を叩き落したりするが、結局、無数の機銃弾を打ちこまれ、あえない最期をとげる。 ...
  • にわかにわたくしがわしにのってまいったのもそのため、残念ながらあなたのいのちは、こよいいぬいの星がおつるとともに、きかずに入り、腹心のかたがたもなかば以上は、あえない最期さいごをとげることとなるそうでござります。
  • 途中の醍醐だいごの西、小栗栖おぐるすという地の竹やぶにて、物盗りの土民のつき出す竹槍にて、あえなき最期をとげられた。
  • 次へ