〇〇キロオーバー

17 の例文 (0.00 秒)
  • それは時速一〇〇〇キロオーバーをたたき出すドラッグマシンと同じ。
  • 高度一万メートルの上空を飛んでいる、時速七〇〇〇キロオーバーで進む超音速爆撃機を。
  • 時速に換算かんざんすると、二〇〇キロオーバーといった所か。 ...
  • 時速七〇〇〇キロオーバーという圧倒的な速度と搭載火器の圧倒的な射程距離は、一機ごとの制空範囲を極限まで広げているのだ。 ...
  • 平均的に見ても、ワニ人の戦士は二三〇センチ前後の身長と、三〇〇キロオーバーの体重を誇る。 ...
  • 時速七〇〇〇キロオーバーの速度が生み出す空気摩擦を利用し、恐るべき破壊力を生み出す兵器が存在すると。 ...
  • だが時速一〇〇キロオーバーで蛇行する夜道を駆け抜ける機械装置には、相応ふさわしくない分類だった。 ...
  • 時速七〇〇〇キロオーバーでハッチなんか開放したら、この飛行機が中からバラバラになっちまうぞ!! ...
  • 最大時速七〇〇〇キロオーバー。 ...
  • 全長三・五メートル、重量二〇〇キロオーバー。 ...
  • 土御門や上条かみじょうがアビニョンへやってくる際に利用した、時速七〇〇〇キロオーバーをたたき出す超音速旅客機。 ...
  • 超音速爆撃機は時速七〇〇〇キロオーバーで大空を突き抜ける。 ...
  • 時速七〇〇〇キロオーバーで大空を切り裂き、日本からアメリカまでを、わずか二時間足らずで横断する怪物航空機だ。 ...
  • 時速七〇〇〇キロオーバーで突き進む超音速旅客機だ。 ...
  • その長大かつ繊細せんさいな大型ブレードは超音速爆撃機の加速力に振り回され、七〇〇〇キロオーバーで切り裂いていく。 ...
  • 元々は超音速爆撃機のHsB-02のフレームだったものを応用しているせいか、全長八〇メートル近い巨体が、時速七〇〇〇キロオーバーの猛烈な速度で日本海上空を席巻している。 ...